2010年06月16日

明美ちゃん基金 ギタアリヤちゃん、覚えた大阪弁で「はやく元気になりたいねん」(産経新聞)

 「あのなぁ、さんそボンベのさんそが少なくなってきてん」。受話器の向こうからかわいい声が響いた。

 先天性の重い心臓病治療のため、昨年9月に「明美ちゃん基金」(産経新聞社提唱)の適用を受け、国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で3度の手術を受けたインドネシアの女児、ギタアリヤ・ハルトノプトリちゃん(8)。経過観察のため、5月19〜29日の間に再来日していた。

 肺動脈と大動脈が入れ替わる「完全大血管転位症」などの合併症を抱え、現在は日常生活でも、酸素吸入が欠かせない。厳しい闘病の身だが、本人はいたって明るく、滞在中は、流暢(りゅうちょう)な大阪弁で、いろいろと身の回りのことを楽しそうに話してくれた。

 「食べ物は、のりが好きやねん」

 「きのうな、初めてモノレールに乗ってん」

 もとから日本語を話せたわけではなく、大阪弁は、入院中に大阪府内に住む親類から教わったり、センターに入院していた日本人の子供たちとの会話を通じて学んだという。

 宿泊先では、いつも酸素ボンベを載せた台車を引っぱりながら歩いていた。「日本のボンベは軽いけど、インドネシアのは重いからしんどいねん」とぽつり。「でもな、インドネシアに帰ったとき、みんなから『元気になったなあ』って言われてん。すごくうれしかった」と無邪気な笑顔を浮かべた。

 昨年初来日した際は、歩くだけで呼吸が苦しくなる状態だったが、今では少し走れるまでに回復した。今回の帰国の際も、空港ではスニーカーの音をペタペタ鳴らしながら、広い国際線ロビーを楽しそうに歩いていた。母親のフォニヌルさん(40)の手を引っぱるような勢いだった。

 「どこか行きたいところある?」と尋ねると、「東京ディズニーランドかな。だからはやく元気になりたいねん」。はにかむように首をかしげながら、でもしっかりと答えた。

 順調なら、再度の検査をへて、今夏には最後の手術を受ける予定。空港では、見送りの親類に向かって、背伸びをしながらいつまでも手を振っていた。(小畑三秋)

 明美ちゃん基金への振り込みは、三菱東京UFJ銀行堂島支店・普通口座4535010か、りそな銀行堂島支店・普通口座6202543の産経新聞大阪本社「明美ちゃん基金」。郵送は、現金書留で〒556−8661(住所不要)産経新聞大阪本社社会部「明美ちゃん基金」へ。

【関連記事】
回復順調、戻った笑顔 1日手術の2人 明美ちゃん基金
ベトナム医療団、先天性心疾患の医療指導を開始 明美ちゃん基金
明美ちゃん基金に38年後の恩返し 外国人1号の“坊や”が2万ドル寄託
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」

<与党>所信表明演説11日を提案 国対委員長会談(毎日新聞)
菅首相は山口出身宰相? 地元や中学はイエス、県や高校はノー(産経新聞)
<青木半治さん>お別れの会 陸上関係者ら1300人が出席(毎日新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
菅内閣船出早々、民主は大丈夫? 河上衆院議員、本会議1日のみ(産経新聞)
posted by イガラシ タケハル at 09:47| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。