2010年04月12日

朝廷に仕えた唐人音楽家、名前入り須恵器発見(読売新聞)

 奈良市の平城宮跡の西にある西大寺旧境内で見つかった須恵器片(8世紀後半)に、奈良時代の遣唐使船で来日し、日本の朝廷に仕えた唐人「皇甫東朝(こうほとうちょう)」の名前が墨書されていることがわかり、市教委と奈良県立橿原考古学研究所が8日、発表した。

 当時、宮廷音楽を担当する役所「雅楽寮」の次官だった皇甫が献灯した灯明皿とみられる。皇甫は続(しょく)日本紀(にほんぎ)などの文献に登場する人物だが、関連する遺物が出土するのは初めて。

 須恵器片は3分の1ほどが欠けており、直径約15センチ。「神護景雲二年」(768年)の年号入りの木簡などが出土したのと同じ溝から見つかった。底面の裏に左から縦2列に「皇浦」「東朝」と書かれていた。浦は甫の当て字とみられる。

 続日本紀によると、皇甫は736年、日本に帰る遣唐使船で来日。766年、法華寺の法要で唐楽を演奏した功績で、外国人としては高位の従五位下の位が与えられ、翌年には雅楽寮次官などに任命された。

鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」(産経新聞)
<春の交通安全運動>交差点は気を付けて(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第(毎日新聞)
<足利事件報告書>虚偽自白の危険性…可視化論議に一石(毎日新聞)
大阪市議側は慎重姿勢…橋下知事「政治家失格だ」(産経新聞)
posted by イガラシ タケハル at 19:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。